スバル・WRX STIがマイナーチェンジで愉しさアップ! ハンドリングが激変した理由とは?

2017年5月にマイナーチェンジを発表したスバルのスポーツフラッグシップモデル「WRX STI」に、クローズドコースで試乗することができました。

クローズドコースといっても、サーキットではなくワインディングを模した日本サイクルスポーツセンターのサイクリングコースが舞台。公道を考慮した速度域での試乗となりました。

今回のマイナーチェンジではフロントバンパーやヘッドライトの意匠を変えていますが、エンジンはそのまま。しかし、試乗会場には新旧WRX STIが用意され、乗り比べができるようになっていたのです。その理由は、ハンドリングが大きく変わっているから。

スバリスト的には「アプライドD」と呼ぶ3回目のマイナーチェンジ(年改)を受けた新型WRX STIのシャシー関連の主な進化ポイントは次のようになっています。

ブレンボブレーキの高性能化(前後モノブロック、フロント6ポット)
19インチタイヤを標準装備(アドバンスポーツV105S)
DCCDの新構造化(トルクカムの廃止)
サスペンションのセッティング変更

最高出力308馬力のエンジンはそのままですが、これだけ足回りに関する変更があれば、乗り比べをすることで進化を感じる必要があることも納得です。さっそく旧型から乗って、その感触を覚えている体で、新型WRX STIに乗り込みます。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事