おすすめ記事一覧

大幅進化したSUBARU「アイサイト・ツーリングアシスト」の車線維持、先行車追従機能とは?

2017/06/19 00:00 by   ニュース・新車, テクノロジー, マイナーチェンジ, 新車

現在の最新「アイサイト」はバージョン3で、インプレッサやXVなどの新型モデルをはじめ、フォレスター、レヴォーグ、WRX S4など、MTモデルとバージョン2のエクシーガ・クロスオーバー7などをのぞき標準装備されています。

今夏発売予定の新型レヴォーグ・WRX S4に搭載される「アイサイト・ツーリングアシスト」は「バージョン3.5」や「バージョン4.0」と噂もあったようですが、「バージョン3」をベースに「ツーリングアシスト」が追加されたシステムと考えるのが正解だそう。

なお、ステレオカメラのハード面は大きく変わっておらず、ソフトの制御で実現したのが「アイサイト・ツーリングアシスト」。ステアリングスイッチにハンドルのマークが追加されています。

高速道路の渋滞時を含む(全車速/0-120km/h)でアクセル、ブレーキ、ステアリングを制御(サポート)する機能で、アダプティブクルーズコントロール(ACC)の上限は、カタログ上では120km/hですが、メーター読みでは135km/hまでとなるそうです。



あなたにおすすめの記事