ソフトトップはダミー!? BMW「i8ロードスター」のルーフの秘密に迫る

BMWのPHEVスーパースポーツ「i8」のオープンモデル「i8 ロードスター」のプロトタイプの接写に成功しました。

試作車のカモフラージュは前回と変化はないようですが、新たな情報を入手しました。

プロトタイプはルーフにソフトトップが見られますが、クローズアップで見ると、ルーフの取り付けに違和感があり、市販時にはカーボンファイバー製のハードトップが採用される可能性があるといいます。

そうなれば、現在開発最終段階を迎えている「Z5」や、「8シリーズ」次期型のルーフ事情も気になります。

パワートレインは、1.5リットル直列3気筒ターボエンジンと、モーターを組み合わせたPHEVが予想されます。すでに「i8 Fomula Eセーフティカー」のバッテリーパックを7.1kWhから10kWhにアップデートしており、「i8」及び「i8ロードスター」にも搭載されれば、最高出力は400psへ向上するはずです。

発売は2018年が予想されていますが、世界初公開は2017年内にもされる可能性があるようです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?