トヨタ カローラ次期型をキャッチ。擬装の下に大きくなるボディとクーペルーフが!

トヨタの代名詞ともいえるベストセラー4ドアセダン、「カローラ」次期型を豪雪のスカンジナビアでカメラが捉えました。

以前よりカモフラージュが軽くなり、フロントバンパーのエアダクト形状の一部も見えてきているものの、テールライトは現行モデル北米仕様のテールライトのパーツが使われています。

今回注目するのは、ルーフラインです。Cピラーにカモフラージュが施されているため、正確なデザインは見えませんが、カムリ新型で見せたクーペ風ルーフが隠されている可能性が高いです。

次期型では「TNGA-C」プラットフォームを採用し、ホイールベースを延長。トレッドも拡大され、グラマラスなボディが特徴となります。

パワートレインは1.5リットル直列4気筒、及び1.2リットルダウンサイジングターボ、そしてハイブリッドがライナップされるようです。

ワールドプレミアは2018年と予想されています。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事