2017シーズン開幕!ポルシェ911次期型、ニュル高速テスト開始

新型モデルのテスト車両は、ウインターテストもほぼ終了に向かい、ニュルブルクリンク・ノルトシェライフェでの高速テストシーズンが始まりました。

その2017年最初のスタートを切ったのは、ポルシェ992世代となる、「911」次期型です。

次期型では、アウディ「R8」次期型やランボルギーニ「アヴェンタドール」後継モデルでも採用される、新開発のスポーツカー・モジュラープラットフォームを採用、トレッドを広げ、ホイールベースも延長されるようです。

エクステリアの大きな変化は、「ミッションE」のようなLEDストリップ・テールライトや、調整可能なワイドリアウィングを装備することです。

パワートレインは、375psを発揮する3リットルフラット6ターボエンジンを搭載し、4筒ボクサーエンジンの搭載は見送られた模様です。

ワールドプレミアは2018年秋が有力で、その後ハイブリッドモデル、カブリオレ、タルガなど派生モデルが登場するはずです。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?