レンジローバー イヴォーク次期型、直4インジニウム搭載&プラットフォーム刷新で大型化へ!

レンジローバーのコンパクトクロスオーバーSUV「イヴォーク」次期型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

一見、フェイスリフトかと思う程の軽擬装ですが、よく見ればフェンダーが幅広にされ、典型的なミュールボディであることが分かります。

レポートによれば、次期型にはランドローバー設計による新軽量アルミプラットフォームを採用し、全幅、ホイールベースが延長され大型化、居住空間が向上するようです。但し、フロントエンドは現行モデルのイメージを継承するものとなりそうです。

パワートレインは2リットル直列4気筒「インジニウム」エンジンが搭載される可能性が高いと思われます。

また、モデルバリエーションは現行の最新とラインナップと同じく、「3ドア」「5ドア」そして「コンバーチブル」となることが予想されます。室内では、マップビューを備えたインコントロール・タッチプロを採用、映画や音楽も自由に楽しめます。

ワールドプレミアは2018年秋以降となる模様です。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?