国交省の「軽自動車燃費ランキング」でスズキが上位独占!

国土交通省では、燃費性能の優れた自動車の開発・普及を促進するため、毎年、「燃費の良い乗用車のベスト10」と、「自動車燃費一覧」を公表しています。

今回、同省が発表した「軽自動車 ベスト10」で、JC08モード燃費37.0km/Lのスズキ「アルト」とOEM車のマツダ「キャロル」が1位にランクインしました。軽量化を徹底した新プラットフォーム採用により、60kgの軽量化を達成。

エンジンの圧縮比向上やEGRシステム採用に加え、吸気、排気系を新設計。低中速の動力性能を高めており、減速時のエネルギーにより発電・充電することで燃料消費を抑える「エネチャージ」や、停まる前からエンジンを止めて、ガソリンを節約する「新アイドリングストップシステム」の採用により、燃費性能を大きく向上させています。

3位には2015年6月にフルモデルチェンジしたスズキ「アルト ラパン」(35.6km/L)がランクイン。車両の軽量化に加え、アルト用の新エンジン、改良型副変速機構付CVT、エネチャージや新アイドリングストップシステムの採用により燃費を向上。

この記事の著者

Avanti Yasunori 近影

Avanti Yasunori

大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクル・・・