おすすめ記事一覧

【新型BMW5シリーズ試乗】どこまでも走りたくなる「シルキー6」エンジンの仕上がり

2017/03/16 18:03 by   ニュース・新車, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車, 試乗

約7年ぶりのフルモデルチェンジで、7代目にスイッチしたBMW5シリーズが2月11日から販売を開始しています。

ただし、納車時期はグレードにより異なり、BMW523d、530i、540i xDrive(4WD)が今年2月からで、BMW530e(プラグインハイブリッド)が今年の第3四半期、エントリーの523iが今年の第4四半期からとなっています。

試乗したのは、3.0L直列6気筒DOHCツインパワー(ツインスクロール)ターボエンジンを積む「BMW 540i M Sport」。340ps/5500rpm、450Nm/1380-5200rpmというアウトプットで、トランスミッションは、8ATが組み合わされています。

BMWらしく先代からキープコンセプトに思えますが、低くワイドに構えたフォルムは、よりスポーティになった印象を受けます。

ボディサイズは全長4945×全幅1870×全高1480mm、ホイールベースは2975mm。先代は全長4920×全幅1860×全高1470mmで、ホイールベースは2970mm。

新型は全長が25mm延び、全幅が10mmワイドになり、全高が10mm高くなったわけですが、数値以上に大きく感じます。



あなたにおすすめの記事