なんでもできちゃうスクーター・ホンダ「PCX」「PCX150」にニューカラーが追加!

ヤマハからGDR155が登場し、通勤最速マシンの座を揺るがされている(と筆者が勝手に思っている)、ホンダの「PCX」「PCX150」に、新たなカラーバリエーションが追加されましたのでご紹介します。

2010年に発売が開始され、歴史のあるマシンというワケではないのですが、これほど支持されている理由はたくさんあるようですね。

■クリッパーイエロー

■キャンディーロージーレッド(ツートーン)

■ポセイドンブラックメタリック(ツートーン)

※画像は全て「PCX150」です。カラーバリエーションは「PCX」と共通です。

今まで単色の白・黒の印象が強かったPCXシリーズですが、鮮やかなイエローやオシャレなツートーンのバリエーションにより、さらにPCX人気が出るのではないでしょうか。

もちろん従来の「パールダークアッシュブルー」「パールジャスミンホワイト」「ポセイドンブラックメタリック」もラインナップされています!

通勤に使うにもツーリングに使うにも、新しいカラーリングならこれまで以上にやる気が出るでしょう!

小型スクーターで通勤もツーリングもしたいとなればPCX一択、というインプレをよく見ますが、なぜこれほどまで人気なのかを少し探ってみました。

8Lの大容量ガソリンタンク、14インチのタイヤによる安定性、125ccや150ccと思えないシャープなフォルムなど、挙げれば良い点はキリがないですね!

さらに、この記事を書く際に知り合いが「PCXは125ccの現行車種のなかで一番良くできてます!」と激推ししてきたので、もう少し聞き出すことにしました。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事