おすすめ記事一覧

40代後半以上にオススメの最新3車種【2017年版】

2017/03/02 19:33 by   ニュース・新車, エンタメ, エンタメニュース, コラム・連載, ネタ・小ネタ, 新型車・フルモデルチェンジ, 新車, 追加モデル

子育てもいよいよ終わりが見え、これからは夫婦二人でゆったりとセカンドライフを過ごそうと思っている方もいるはず。そんな悠々自適のセカンドライフを彩るのに、華やかなクルマを選んでみてはいかがでしょうか?

■マツダ・ロードスターRF

1989年の初代登場からライトウェイトスポーツカーとしての歴史を紡いできた「ロードスター」。2015年にデビューした4代目では、ボディの軽量化と小型化の徹底をはじめ、ドライビングポジションを見直し、初代から人気の人馬一体の走りに磨きをかけました。

また「ロードスター」の魅力といえば、手軽に楽しめるオープンエアの爽快感。現行モデルではソフトトップの操作性を改善し、気楽にルーフを開閉できるようになりました。しかしながら、販売の割合は電動ハードトップを採用したモデルが高く、当然新型でも開発は行なわれ、昨年「ロードスターRF」の名でデビュー。ルーフの一部をあえて残した流麗な後ろ姿には思わず目を奪われます。エンジンも2.0Lへ拡大して、ゆとりのあるドライブを堪能できます。

■レクサス・LC

レクサスのフラッグシップとしてまもなく登場する2ドアクーペの「LC」。アイコンであるスピンドルグリルに加えて、よりシャープな造形となったヘッドランプや滑らかな面構成など、そのボディはとことん美しさを追求。その上で、リヤスポイラーやマフラーディフューザーなどで走行性能とも巧みに両立させているとのこと。

また、クーペだからこそインテリアはドライバーとの一体感を強調するべくレイアウトが見直されています。

搭載するパワートレーンはハイブリッドと467psを誇るV8もラインナップ。特にハイブリッドは世界初となるマルチステージハイブリッドであり、有段ギアの自動変速機構を組み合わせることでエンジンとモーター両方の出力制御を可能にし、EV走行領域の拡大およびパワフルな走りを実現。エモーショナルな走りと燃費性能に優れた快適なクルージングを楽しめるそうです。

■メルセデス・ベンツ Eクラスクーペ

メルセデス・ベンツの中核を担う「Eクラス」。すでに日本でもセダンとワゴンが販売をスタートしています。そのシリーズに新たに加わるのが2ドアクーペの「Eクラスクーペ」です。

一般的にセダンをベースとしたクーペは後席用のドアを廃して、ルーフラインをなだらかにしますが、「Eクラスクーペ」は2ドア化や流麗さを強めたプロポーションだけでなく、Bピラーがない点でセダンとのルックスを差別化。これにより、室内の開放感はセダンを上回ります。

一方のインテリアはレイアウトや質感を踏襲。メーターとセンターコンソールに配置される2枚の12.3インチディスプレイのほか、ウッドやレザーをふんだんにあしらった上品な仕立てがドライバーに寛ぎをもたらします。

また、各種のセンサーで安全運転をサポートするドライブ・パイロットも採用。優雅なドライブを安全に楽しめます。

(今 総一郎)



あなたにおすすめの記事