ハイブリッド四駆は貴重な存在。現行セレナに新設の「S-HYBRID+4WD」は雪道で安定感ある走り【日産 氷上・雪上試乗会】

先代のC26セレナには設定がなかった「S-HYBRID+4WD」の組み合わせが、モデルチェンジした現行セレナに用意されました。その雪上での性能を試してみました。

テスト車のタイヤはスタッドレスタイヤ(ブリヂストン・ブリザックVRX)になっています。

 

4WDが必須、あるいは4WDがベターという地域にお住まいの場合、車種やパワートレーン、グレードなどが限られる場合が多く、日産セレナの「S-HYBRID+4WD」は待望といえる設定でしょう。

セレナ・ハイウェイスター4WDのJC08モード燃費は15.8km/Lで、2WDの17.2km/L(ハイウェイスター)には譲りますが、5ナンバーBOXミニバンでは貴重な存在。

なお、23.8km/Lを誇るトヨタ・エスクァイア/ヴォクシー/ノアのストロングハイブリッドはFFのみ。また、1.5L直噴ターボのみとなるホンダ・ステップワゴンには15.0〜15.4km/Lの4WDが設定されています。


あなたにおすすめの記事

この記事もよく読まれています