VW トゥアレグ次期型、クーペルーフなどデザイン細部が判明!

フォルクスワーゲンのフラッグシップ・クロスオーバーSUV「トゥアレグ」次期型プロトタイプを、これまでより偽装が軽い状態でカメラが初めて捉えました。

キャッチした新プロトタイプは、2016年の北京モーターショーで公開された「T-プライム コンセプトGTE」からインスピレーションを得たデザインが垣間見られます。

今回新たに発覚したディテールは、スクェアに4分割されるヘッドライト、及び薄くなったリアコンビランプ、そして何より流行のクーペルーフが採用されることです。

プラットフォームには「アトラス」とは異なる「MLB Evo」を採用し、よりダイナミックに、そしてスポーティーに生まれ変わります。

パワートレインには220psを発揮する、新開発2リットル直列4気筒ガソリンエンジンや、3リットルV型6気筒、プラグインハイブリッドのラインナップされる可能性が高いです。

インパネにも「T-プライム」で見せた近未来コックピットが採用され、タッチスクリーンやジェスチャー・コントロールなど、最先端テクノロジーがつぎ込まれると思われます。

ワールドプレミアは2017年秋が有力です。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事