【東京オートサロン2017】日産ブースの注目は、新提案のカスタムである「プレミアムスポーツコンセプト」

2016年、日産は先進運転支援システムのプロパイロットを搭載した新型セレナとガソリンエンジンを発電機として使用し、モーターで駆動するノートe-POWERが登場しました。今回の東京オートサロンでもこの2車種が主役となっています。

b87x0014

日産ブースの注目は、新しいカスタマイズの提案である「プレミアムスポーツコンセプト」です。

マット塗装のラッピングが施されたスカイラインには、カーボンを採用した専用のフロント&リアスポイラー、そしてドアミラーカバーや特別塗装色のラジエターグリルを装着。加えて専用の19インチホイールとエキゾーストシステムを搭載しています。

002 003

一方のセレナのエクスエリアは、特別塗装色の専用フロントグリル、フロントプロテクター、ロアボディフィニッシャー、リアバンパープロテクターを採用。インテリアでは専用のシート表皮をはじめ、後席オットマン、特別塗装色のインテリアフィニッシャー、専用スマートマルチセンターシートを採用し、内外装のトータルカスタマイズが施されています。

004 005