小林可夢偉が出した筑波ラップ43秒304という驚異的タイムの記録映像

小林可夢偉が43秒304という驚異的なタイムを記録し幕を閉じた「スピード×サウンド トロフィー2016 in 筑波」のダイジェスト動画が、公式サイトで公開されました。

speedsound-trophy001

今回で2回目となったスピード×サウンド トロフィーは、オプション、レブスピード、ドリフト天国、G-ワークスなどのチューニング誌や、auto sport、レーシングオンなどモータースポーツ誌が、それぞれのジャンルでの企画を持ち寄り、サーキットで疾走するクルマのスピードや非日常的なサウンドを満喫できるイベントです。

speedsound-trophy009

チューニングカー最速を目指す「筑波スーパーバトル」や、「旧車最速ラップ」「ドリフトバトル」「チューナーズバトル」など本気のタイムアタック、レースコンテンツの他、「レジェンドレースカー」や「MINIチャレンジ専用車両」など今後レースシリーズが開催される注目の車両の走行も行われました。

speedsound-trophy007

そして会場を一番盛り上げたのが、昨年に続きスーパーフォーミュラSF14×小林可夢偉の筑波最速へのタイムアタックです。
昨年44秒008というコースレコードを叩き出した小林可夢偉ですが、2016年は1回目の走行時間から43秒台を記録、最終的には43秒304という驚異的なタイムを記録しました。

speedsound-trophy010

このイベントの模様が「スピード編」「サウンド編」という2つのダイジェスト動画で振り返ることができます。ぜひともチェックしてください。

<スピード編>

<サウンド編>

(クリッカー編集部)

【関連リンク】
■ホームページ
http://speedsound-trophy.jp/

■facebook
https://www.facebook.com/tsukubasst
■twitter

https://twitter.com/SS_Trophy

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事