歩行者対応も評価対象の新自動車アセスメント安全性能トップはマツダ・アクセラに

独立行政法人 自動車事故対策機構による自動車アセスメント評価・予防安全性能が新基準になりました。自動ブレーキとも呼ばれるプリクラッシュブレーキの性能評価は、これまで対車両(停止と走行状態)としていましたが、平成28年度からは、歩行者(遮蔽物ありなし)の検知・停止性能も評価されることになりました。

axla_ppb

記念すべき、新基準での評価対象となったのは、以下の11台(五十音順)。

スズキ:イグニス
スバル:インプレッサ,フォレスター,レヴォーグ/WRX、レガシィ
トヨタ:クラウン アスリート/クラウン ロイヤル/クラウン マジェスタ,プリウス
レクサス:GS/GS F,RX
ホンダ:フリード/フリード+
マツダ:アクセラ

プリクラッシュセーフティシステムに、ステレオカメラを使っているのがスズキとスバル、そのほかのメーカーは、ミリ波レーダーとカメラを組み合わせたシステムを使っています。

さて、この11台でもっとも評価が高かったのは、どのクルマでしょうか。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事