マツダが『グランツーリスモSPORT』にバーチャルレースカー「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」を提供

■マツダのバーチャルレースカーでドライビングを満喫できる

新型コロナウイルスの影響により、トヨタやアウディがプレイステーション4用ソフト『グランツーリスモSPORT』、McLarenがXBOX用ゲームソフト『Forza Horizon 4』を使ったバーチャルレースやイベントなどを繰り広げています。

マクラーレン
McLarenのXBOX用ゲームソフト『Forza Horizon 4』

そんな中、マツダはポリフォニー・デジタルと共同開発した「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」を、『グランツーリスモSPORT』で2020年5月22日(金)の午後3時(日本時間)からオンラインで提供を開始すると発表しました。

マツダ バーチャルレースカー
「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEP」が『グランツーリスモSPORT』で提供開始

「RX-VISION GT3 CONCEPT」は、マツダの最新のバーチャルレースカーで、プレイステーション4用ソフトのドライビングシミュレーションゲーム『グランツーリスモSPORT』の全ユーザーがバーチャル上でドライビングを楽しめます。

マツダ バーチャルレースカー
「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」のコクピット

楽しみはそれだけではありません。「RX-VISION GT3 CONCEPT」などのマツダ車を使うユーザーは、2020年シーズンに世界各地で開催される予定の「FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ」世界大会(ワールドツアー)に出場できるシード権を自動的に獲得できるそうです。

マツダ バーチャルレースカー
「「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」のリヤビュー

また、第75回国民体育大会「燃ゆる感動 かごしま国体2020」文化プログラムである「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」の『グランツーリスモSPORT』部門にも「RX-VISION GT3 CONCEPT」で参戦可能です。

なお、文化プログラム「全国都道府県対抗eスポーツ選手権 2020 KAGOSHIMA」『グランツーリスモSPORT』部門の都道府県予選はすでに終了。ブロック代表決定戦進出の人、もしくは鹿児島県特別予選大会に参加する人が使えます。

マツダ
「RX-VISION GT3」の岩尾チーフデザイナー

今年で100周年を迎えたマツダ。100周年特別企画として「RX-VISION GT3 CONCEPT」の発表と同時に、『グランツーリスモSPORT』ユーザーが気軽に楽しめるオンラインイベントの実施を予定しているそうです。

マツダ バーチャルレースカー
「MAZDA RX-VISION GT3 CONCEPT」のフロント

マツダは、バーチャルを通じてでも同社のクルマを操る楽しみを知って欲しい、としています。

さらに、コロナ禍にあっても「世界中のクルマ好きがオンラインでつながり、国、地域、言語や世代といった枠を超えて同じ条件で楽しむことが可能なデジタルモータースポーツを通じて、新しい生活様式に対応しながらクルマ文化の発展に貢献したい」と表明。

2020年5月22日現在、埼玉、千葉、東京、神奈川の首都圏4都県と北海道では緊急事態宣言が継続されていますが、ほかの府県では解除されています。それでも、コロナ後は「新しい生活様式」が求められますから、バーチャルレースなどでストレスを発散し、クルマの楽しさを堪能する手もありそうです。

(塚田勝弘)

『マツダ』の最新記事
ジムニーの前年同月比約3倍を超える、4.7倍も売れた8月の新車販売の隠れMVPとは?
マツダ CX-5
マツダがバイオディーゼル燃料の原料製造・供給から利用までのバリューチェーンを構築、同燃料の利用をスタート
創立100周年のマツダの歴代名車9台
マツダ初の4輪乗用車はR360クーペだった!ファミリアはセダンよりバンが先に発売!創立100周年マツダの名車たち【AUTOMOBILE COUNCIL 2020】
マツダMX-30の国内仕様のハイブリッド車とEVの100周年記念車
マツダの新コンパクトSUV「MX-30」国内仕様はハイブリッド! EVの100周年記念車も登場
意外?妥当?MAZDA MX-30日本仕様ではマイルドハイブリッドで2020年秋発売開始、 EVモデルは今年度中にリース販売
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事