小林可夢偉選手は新記録を更新できるか?「スピード×サウンドトロフィー」開催!

クルマの「速さ」や「音」をテーマに実走する車両の格好良さに酔いしれるイベント 「スピード×サウンド トロフィー」(略してSSトロフィー)が、2016年12月4日(日)に筑波サーキットコース2000で開催されます。

koukoku

サウンドトロフィーは、サーキットという極限の性能を引き出せる場において、クルマの大きな魅力である「速さ」や「音」を五感すべてで感じることができる、スペシャルなイベント。昨年度に引き続き2回目の開催となります。

スーパーフォーミュラ、D1マシン、全国のプロショップが仕上げたタイムアタックマシンなどによる筑波サーキット最速ラップタイムへのチャレンジや様々な企画レース、各ショップのブース展開など、SSトロフィーでしか体感できないコンテンツが多数行なわれるのですが、ここで私的おススメコンテンツを紹介します!

■小林可夢偉×スーパーフォ–ミュラ「SF14」新たな伝説に向けて、フルアタック

スーパーフォーミュラドライバー、そして2016年WEC富士で素晴らしい走りを見せトヨタを優勝に導いた小林可夢偉選手が今年もSSトロフィーにやってきます。

sst2016_kobayashi_img

昨年、スーパーフォーミュラの現行レースカーである「SF14」で、筑波サーキットコース2000をフルアタック、脇阪寿一監督がフォーミュラ・ニッポン車両でマークした記録を3秒近く更新する「44秒008」の驚異的なコースレコードを打ち立て、観客はもちろん業界関係者にも大きなインパクトを与えました。

走行後に小林選手が口にした「ニュータイヤがあともう1セットあったら43秒はいけた。」というコメントを現実のものとするべく、今年もフルアタックで記録更新に挑みます。

いまだかつて見たことがない領域のタイムが、たたき出されるのでしょうか? 歴史的瞬間を目の前で見ることができるかも! 小林選手のドライビングテクニックにも注目ですね。

sst2016_sf_img

ここでビックニュース! なんと、今年は小林選手のチャレンジを盛り上げるべく、タイム当てクイズの実施が決定しました!! 見事1/1000秒まで的中した方の中から、このクイズでしか手に入れることができないスペシャルなプレゼントがあるそうなので、SSトロフィー公式ホームページからどしどし応募して下さいね。

この記事の著者

yuri

yuri 近影
2006年のF1日本GPを観に行ってから、どっぷりF1&ジェンソン・バトンにはまってしまったF1女子。F1が大好きですが、クルマの運転は下手(小林編集長お墨付き)、メカニズムも苦手、だけどドライバーの知識と愛だけは自信あり! もっと気軽にF1を楽しんでもらいたい、好きになってもらいたいという気持ちで執筆活動をしています。趣味はバトンの追っかけと、F1海外観戦。現在は新米ママとして子育てに奮闘しながら、のんびり記事を更新中。あたたかーい目で見守っていただけると嬉しいです。