日本初上陸のプジョー「クリーンディーゼル」搭載車「508 SW GT BlueHDi」は長く付き合いたい名車の予感 PR

輸入車を中心に「ポスト新長期規制」に対応するクリーンディーゼルエンジン搭載車が人気を集めています。

20160804Pegeot508_045

2016年7月12日、プジョーからクリーンディーゼル「BlueHDi」搭載車が登場しました。1.6Lディーゼルターボの「308 Allure(アリュール) BlueHDi」、2.0Lディーゼルターボ「308 GT BlueHDi」と「508 GT BlueHDi」の3モデルです。

●Peugeot – BlueHDi DIESEL スペシャルサイト

20160804Pegeot508_041

ディーゼルエンジン車の比率が高いフランスだけに、プジョーが属するPSAグループは古くからディーゼルの開発を推進していて、1958年にはプジョー403 Dを発売。冒頭で紹介したように、日本でも輸入車を中心にディーゼル人気が高まっていますから待望の日本初導入となります。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事