新型A4は軽量ボディとエンジンの改良でJC08モード燃費18.4km/Lを実現

6年振りにアウディA4が2015年2月8日にフルモデルチェンジを行い、5代目へと進化しました。アウディA4の系譜を辿ると、40年以上前の1972年に登場したアウディ80にたどり着きます。

001

初代アウディ80はボディ、シャシーそしてエンジンも新開発というまさにニューモデルでした。そして1978 年に登場した2代目アウディ80にアウディ独自のフルタイム4WDシステム、クワトロを採用。

続く3代目アウディ80はCd値わずか0.29に抑えられた空力性能を実現していたのです。1991年に登場した3代目には初のV6エンジンを搭載。

そして1994年に登場したモデルからモデルネームがアウディ80からA4へと変更されました。

003 004

5代目のアウディA4の特徴はクラストップレベルのCd値0.23を実現した高い空力特性とスチールとアルミのハイブリッド素材を採用した軽量ボディ。そして新しい燃焼方式の採用によって高出力と低燃費を両立させた2.0LターボのTFSIエンジン。さらに、先進の予防安全システム「アウディプレセンス」の採用という3つのポイントに絞ることができます。それではそれぞれのポイントを見てみましょう。