他にあるとすれば一部のポルシェぐらい!? 対話重視の極上MT車【308GTi試乗02】

プジョー308GTiの車内に腰を下ろしポジション合わせしただけで、バケットというにはクッションが効いていて快適な、でもセミバケというにもスポーティな、そんなシートの精度の高いホールド感に感動します。

308 - 3

下半身だけでなく、肩回りや後頭部まで上半身をきわめて的確に支える形状で、ステアリングの微妙な操作が可能であることを意識させるのです。

308 - 12

6速MTの、ゲートにレバーを入れる際のゴクリと飲み込むような摺動感も心地よく、信号待ちアイドリング・ストップからスタートの容易さ・滑らかさは、フツーの乗用車308より磨きがかかっているのが明らかに感じられます。

308 - 5

トランスミッションの揺れがレバーから盛大に伝わることもありません。

ところが50km/hの市街地速度で、3000rpm以下のごく軽い加速中でも、ブースト圧2.5barという、にわかには信じがたい数値が一瞬、メーターパネル内に表れます。

308 - 11

THP270パワーユニットのスペックはRCZ Rに近いとはいえ、インジェクターはまったくの新規でマッピングは無論、クランク回りも強化されているそう。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事