1カ月で10万台受注の新型プリウス! 最高燃費40.8km/Lの「E」、初の4WDモデルの販売比率は?

性別では個人の顧客のうち、約8割が男性名義で女性名義は約2割というのは「そんなものだろう」と想定される範囲。販売チャネルでは約30%がトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店とネッツ店が約20%となっています。

グレード別内訳は、「A」が51%、「S」が48%、燃費40.8km/Lの「E」はわずか1%。「E」グレードはほとんど商談で話題にも上らないということかもしれません。

20160113Prius Road_091

4WDのE-FOURは、寒冷地を中心に好調なようで、全体のうち約20%を占めていて、人気のオプションは、バックカメラとステアリングスイッチ(音声調整、ハンズフリー通話)付きの「ナビレディセット」だそう。

20160113Prius Road_00120160113Prius Road_037PRIUS_04

ボディカラー別では、「ホワイトパールクリスタルシャイン」が約40%、「スティールブロンドメタリック」は約11%、マスメインカラー(新色)の「エモーショナルレッド」は約8%、「サーモテクトライムグリーン」は約2%となっています。なお、内装色はブラックが人気だそうです。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

【関連記事】

■新型プリウスはなぜ最上級の「A」グレードが最も売れているのか?
https://clicccar.com/2016/01/18/349505/