レカロシート標準装備のダイハツ・コペン セロS新発売。レッドインテリアも新設定

2015年、ホンダからミッドシップ2シーター「S660」が登場、年末にはスズキ・アルトワークスが正式発表されるなど、スポーツ軽自動車が盛り上がっています。

ダイハツのオープン2シーター「コペン」も6月に第三のモデルとなる「セロ」を登場させ、その一角を担っています。

sero_copen_151224001

そのコペン セロに、レカロシートやビルシュタイン製ショックアブソーバーなどを標準装備した上級グレード「セロS」が追加設定されました。

CVT車にはパドルシフトも備わる「セロS」の特別装備は、MOMO製革巻きステアリングホイール、マルチリフレクターハロゲンフォグランプのほか、ドアインナーハンドル・パーキングブレーキボタン・エアコンレジスターノブのメッキ加飾となっています。

メーカー希望小売価格は、7速CVTが205万2000円、5速MTが207万3600円。

メーカーオプションとしてシートやインパネガーニッシュ、ドアトリムが赤に変更されるレッドインテリアパック(3万2400円)は、セロSだけの専用オプションです。

(山本晋也)


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事