ホンダ・シャトルハイブリッドに人気装備を追加した2つの特別仕様車を設定

現行フィット(ハイブリッド)に採用されたパワートレーンは、DCT絡みなどのリコール問題もありましたが、コンパクトワゴンのシャトルに搭載される頃にはパワートレーンや乗り味が格段に洗練されています。

4151217-shuttle_002H

ワゴン化によるボディ剛性の低下も、Cピラー周辺の環状骨格などによりボディの剛性感が高く、設計自体が新しいこともありますが、少なくともライバルのカローラフィールダーよりも走りや荷室の広さなどでは上を行っている印象を受けます。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。