ホンダ・シャトルハイブリッドに人気装備を追加した2つの特別仕様車を設定

現行フィット(ハイブリッド)に採用されたパワートレーンは、DCT絡みなどのリコール問題もありましたが、コンパクトワゴンのシャトルに搭載される頃にはパワートレーンや乗り味が格段に洗練されています。

4151217-shuttle_002H

ワゴン化によるボディ剛性の低下も、Cピラー周辺の環状骨格などによりボディの剛性感が高く、設計自体が新しいこともありますが、少なくともライバルのカローラフィールダーよりも走りや荷室の広さなどでは上を行っている印象を受けます。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事