ホンダ・シャトルハイブリッドに人気装備を追加した2つの特別仕様車を設定

12月18日に発売された特別仕様車の「STYLE EDITION(スタイルエディション)」は、シャトルの「HYBRID X」と「HYBRID Z」に、「ETC車載器(音声タイプ)」や「ステンレス製スポーツペダル」などを標準装備し、内・外装の質感を向上させたモデル。

4151217-shuttle_001H

「HYBRID X 特別仕様車 スタイルエディション」には、フォグライトをはじめ、ステンレス製スポーツペダル、ETC車載器(音声タイプ)という人気装備を追加。

「HYBRID Z 特別仕様車 スタイルエディション」は、本革巻ステアリングホイール(スムースレザー) 、ステンレス製スポーツペダル 、ETC車載器(音声タイプ) 、トノカバーという装備により充実した仕様になっています。

4151217-shuttle_006H4151217-shuttle_004H4151217-shuttle_005H4151217-shuttle_007H

ボディカラーは、「ホワイトオーキッド・パール」、「アラバスターシルバー・メタリック」、「クリスタルブラック・パールティンテッドシルバー・メタリック」、「ミラノレッド」、「ミッドナイトブルービーム・メタリック」、「ミスティックガーネット・パール」の全7色。

「HYBRID X 特別仕様車 スタイルエディション」の価格は、2WDが219万円、4WDが238万4400円。

「HYBRID Z 特別仕様車 スタイルエディション」は、2WDが239万円、4WDが255万2000円という設定になっています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。