マツダとして2年連続! ロードスターとして2代連続!「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞

「2015-2016 日本カー・オブ・ザ・イヤー」に輝いたマツダ・ロードスター。ロードスターとしては先代(3代目)に続いての受賞。

P1J09995s

4代目ロードスターは442点を集め、2位はホンダS660の401点で、オープントップモデルが1-2位を占めています。

th_4150330-s660_014H

1位 ロードスター (マツダ) 442点
2位 S660 (本田技研工業) 401点
3位 2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー (ビー・エム・ダブリュー) 177点
4位 XE (ジャガー・ランドローバー・ジャパン) 149点
5位 モデルS P85D (テスラモーターズジャパン) 110点
6位 アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン (スズキ) 75点
7位 シエンタ (トヨタ自動車) 70点
8位 500X (FCAジャパン) 51点
9位 レガシィ アウトバック/レガシィ B4 (富士重工業) 20点
10位 エクストレイル ハイブリッド (日産自動車) 5点

マツダとしては、12-13年のCX-5、昨年の14-15年のデミオと2年連続の受賞となり、2012年以降は3度目の受賞。「スカイアクティブ」技術や「魂動(こどう)-Soul of Motion」デザインなどが高く評価されている証といえそうです。

P90171461_lowRes_the-new-bmw-220i-gra

「インポート・カー・オブ・ザ・イヤー」には、BMWの2シリーズアクティブツアラー/グランドツアラーが輝き、イノベーション部門賞にはテスラ モデルS P85D、スモールモビリティ部門賞はスズキ・アルト/アルトRS/アルト・ラパンがそれぞれ受賞。

また、実行委員会特別賞として、100周年を迎えた「ヤナセ100周年」、トヨタ「MIRAI」に与えられています。

(塚田勝弘)


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事