マツダ新型CX-9をロサンゼルスオートショーでワールドプレミア

1枚のスケッチが公開されていたマツダCX-9がロサンゼルスオートショーで世界初披露されました。

P1J11232s

3列シートのミッドサイズSUVの新型CX-9には、マツダ自慢の「SKYACTIV技術」はもちろん、同社のデザインテーマである「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面的に採用。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。