【東京モーターショー15】独創で独走、未来のヒット作が目白押しのスズキブース

スズキ車の魅力にとりつかれ虜になることをチマタでは敬意をこめて“スズ菌に感染する”と呼ばれています。最近ではメガヒットのハスラー。ニッチを突いたマーケティングに「WOW! それ欲しかった!」を掘り起こした格好です。

DSCN1308[1]

東京モーターショーのスズキコンセプトカーも、エポックなモデルが並んでいます。ヒットの匂いがプンプンしています。

DSCN1313[1]

まずはイグニス。こちらはプレスブリーフィングにおいて、鈴木俊宏社長みずから「間もなくお客様にお届けできます」と明言。市販が確定しています。

5ナンバー枠にきっちりおさまるコンパクトボディのクロスオーバースタイル。

パワーユニットは1.2L直4デュアルジェットエンジン+マイルドハイブリッドで、燃費にもアピール。

スタイリングの随所に、過去のスズキ車のエッセンスが散りばめられています。ブランニューのモデルなのにどこか懐かしい感じがするのはそのせいかもしれません。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事