VWがディーゼル車の燃費優先で環境対応を軽視か?

24日にはドイツのドブリント運輸相が「VWが欧州でも不正を行っていたことを認めた」と発表、本問題は米国だけでなく、欧州にも拡大する様相を見せています。

VW(出展 VW)

本国ドイツではメルケル首相が事態の徹底究明を求めており、独当局は他メーカーのディーゼル車も調査する方針とか。

VW(出展 VW)

パリなど、欧州の都市部でディーゼル車による大気汚染が深刻化しており、ディーゼル車の乗り入れを規制するなど、状況が改善しないことに疑問を感じていましたが、こうした実情が影響している可能性も有りそうです。(NOxは光化学スモッグ発生源)

2015年の世界販売台数で首位の座をトヨタから奪取する計画だったVWは経営トップが「数」を追ったことにより、ブランドの信用まで損ねかねない状況に発展しており、今後の同社の事態収拾への対応が注目されます。

Avanti Yasunori

【関連記事】

ディーゼルエンジン不正問題でフォルクスワーゲンのCEOが辞任、日本への影響は?
https://clicccar.com/2015/09/24/328861/

提携解消に至ったVWとスズキのリアルな舞台裏とは?
https://clicccar.com/2015/09/01/324316/

VW、ピエヒ会長が辞任!現社長との確執が原因か?
https://clicccar.com/2015/04/29/305227/

韓国車「燃費疑惑」で現代/起亜が412億円を賠償 !
https://clicccar.com/2013/12/28/241694/

2分でわかる「これがVWとスズキ提携解消の真相!」まとめ
https://clicccar.com/2011/09/15/60918/