ディーゼルエンジン不正問題でフォルクスワーゲンのCEOが辞任、日本への影響は?

日本ではシルバーウィークの間に、大きなニュースが世界の自動車業界を騒がせました。

vw_02

フォルクスワーゲンのマーティン・ヴィンターコルン最高経営責任者(CEO)がアメリカでのディーゼルエンジン(排気ガス)不正問題を受け、辞意を表明しました。

本国のプレスサイトでは、フォルクスワーゲンAGの監査役会の執行委員会による声明が発表されています。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。