新発想の助手席回転「チルト」シートがトヨタから登場

トヨタから乗降スペースが狭くても乗りやすい、画期的な助手席回転”チルト”シートが発表され、そのシートを採用した、シエンタ、ポルテ、スペイドのウェルキャブ(福祉車両)が設定されることが発表されました。

siet1509_02_s

「普通のクルマ化」をキーワードに開発したという助手席回転チルトシートは、回転するだけでなく、シートが前傾するのが特徴です。

これにより自力で立てるような高齢者であれば、通常の駐車スペースで十分に乗り降りできる「普通のクルマ化」が可能になったといいます。

この記事の著者

山本晋也

山本晋也 近影
日産スカイラインGT-Rやホンダ・ドリームCB750FOURと同じ年に誕生。20世紀に自動車メディア界に飛び込み、2010年代後半からは自動車コラムニストとして活動しています。モビリティの未来に興味津々ですが、昔から「歴史は繰り返す」というように過去と未来をつなぐ視点から自動車業界を俯瞰的に見ることを意識しています。個人ブログ『クルマのミライ NEWS』でも情報発信中。2019年に大型二輪免許を取得、リターンライダーとして二輪の魅力を再発見している日々です。