ミリ単位のこだわりが作った、新型ソリオのアッパレ!な室内空間

スズキソリオは全長4mを切ったコンパクトハイトワゴンの中で、リアにスライドドアを採用した唯一のモデル。取り回しの良さ、そして広い室内空間で人気を博しています。

そのソリオが4年半ぶりにフルモデルチェンジを行い、新開発のプラットフォームを採用した意欲作となりました。

20150902SuzukiSolio_34

新型ソリオは先代モデルと同様に大きなメッキのフロントグリルが特徴のカジュアルなソリオと、ツートンカラーも設定した押し出し感を強めたソリオバンデッドの2タイプを設定。外観やインテリアは異なるものの、乗り味は同じです。

20150902SuzukiSolio_16 20150902SuzukiSolio_44
20150902SuzukiSolio_20 20150902SuzukiSolio_47

今回は新型ソリオの魅力を、広く使い勝手の向上した室内空間、マイルドハイブリッドを搭載した低燃費性能と安定性の高い走行性能の両立。そして先進の安全技術の搭載という3つのポイントに絞ってみました。

この記事の著者

萩原 文博 近影

萩原 文博

クルマ好きの家庭教師の影響で、中学生の時にクルマ好きが開花。その後高校生になるとOPTIONと中古車情報誌を買い、免許証もないのに悪友と一緒にチューニングを妄想する日々を過ごしまし・・・