【ぶつからないクルマ特集】標識認識機能も搭載した「Honda SENSING」とは?

自動車各社が自社の安全技術にネーミングを付けて、消費者にわかりやすくアピールするようになりました。 

ホンダの場合は「Honda SENSING(ホンダ センシング)」がそれで、2つのセンサーとコントロールユニットで構成されています。

HONDA_SENSING

いわゆる「ぶつからないクルマ」としての機能は「CMBS(衝突軽減ブレーキシステム)」が担っており、ミリ波レーダーと単眼カメラで前走車、対向車、歩行者を検出。

HONDA_SENSING(出展 ホンダ)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事