【新型インサイト】カスタムパーツもすでに準備済み。18インチホイールはぜひとも履きたい

ホンダが2018年中に発売すると公表した新型インサイト。その登場に合わせて純正部品メーカー・ホンダアクセスが専用のパーツを開発してきました。

まずは前後バンパーとサイドシル下部に装着されるブラックカラーのロア部パーツに注目です。

あえて控え目な造形としていますが、全体のスポーツ感は増しています。標準車は最大でも17インチのアルミホイールのところ、ホンダアクセス車では18インチのモデルが装着されていました。

フロントグリルにセットされるHマークはブラックタイプが装着され、グリル上段部分にはこれまたブラックのガーニッシュが追加されています。

このフロント部カスタムはマニアックで、わかる人にはわかるノリがいいですね。マンガ原作の実写ドラマに、喫茶店のマスター役で原作者が登場したのを発見した優越感というか。

現状では発売日や価格等は未定ですが、おそらくノーマルのインサイトと同時にリリースとなるはず。詳細は続報をお待ちください。

(写真・動画・文/ウナ丼)

この記事の著者

ウナ丼

ウナ丼 近影
動画取材&編集、ライターをしています。車歴はシティ・ターボIIに始まり初代パンダ、ビートやキャトルに2CVなど。全部すげえ中古で大変な目に遭いました。現在はBMWの1シリーズ(F20)。知人からは無難と言われますが当人は「乗って楽しいのに壊れないなんて!」と感嘆の日々。『STRUT/エンスーCARガイド』という名前の書籍出版社代表もしています。最近の刊行はサンバーやジムニー、S660関連など。