スーパー耐久富士8時間にMazda Women in Motorsport Project 2015から女性ドライバーが参戦!

JAF、FIAが提唱しマツダが協賛するMazda Women in Motorsport Project 2015。

この活動は世界的に広がっていますが、日本では昨年のWEC第3戦ルマン24時間レースで日本人最高位の総合14位で完走した井原慶子さんがアジア代表委員として活動されています。

101

そのMazda Women in Motorsport Project 2015から早くも2名の女性ドライバーが、スーパー耐久シリーズ第3戦 富士SUPER TECでデビューを果たします。

103

今回Bドライバー登録されたYuri Hayashi さん。これまでもポルシェGT3カップに参戦するなど、ハイスピードカテゴリーで活躍し、Mazda Women in Motorsport Project 2015のトレーニングでも好成績を収めていたとのこと。

104

そしてCドライバー登録には小松寛子 さんが名を連ねます。小松さんはロードスターパーティーレースで活躍し、彼女もトレーニングでの好成績が認められての参戦です。

111

彼女たちがドライブするマシンは、昨年スーパー耐久ST-5クラスでシリーズ3位となったTeam NOPROのデミオ。車名を一新し「ワコーズDXLアラゴスタNOPROデミオG」としてゼッケン117番で登場します。

105

彼女たちをサポートする重大な役目を担うAドライバーには、今年のニュルブルクリンク24時間レースにも出場した関 豊選手が参加します。

106 107

 6月4日に富士スピードウェイで行われたテストでは谷川達也選手も駆けつけ、女性ドライバーのお二人にアドバイスを授けます。また、耐久レースということで、勝負のポイントにもなりうるドライバー交替の練習も念入りに行われました。

109 110

 テストの日には井原慶子さんもアドバイスも授けます。

102

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。