「次世代自動車」関心度アンケートでトヨタへの期待大!

市場調査を手掛ける「アスタビジョン」が実施した次世代自動車に関するアンケート結果が、企業ニュースを配信する「PRTIMES」で紹介されています。

TOYOTA_MIRAI

このアンケートは「アスタビジョン」が転職ナビに登録している将来グローバルニッチトップ分野を担うエンジニア志望の人材を対象に実施したもの。

それによると、次世代自動車市場での活用が期待される技術では50.8%の人が「自動運転」と回答しており、それに次いで「非接触充電」(17.1%)が多くの割合を占めています。

  astavisionastavision
(出展 PRTIMES)

また一番注目している次世代自動車では水素自動車が31.3%でトップ、2位がEV(24.8%)、3位がFCV(16.3%)の順となっています。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。