新型ステップワゴンの「ホンダセンシング」を日産セレナと比べてみると!

ホンダが満を持して発売開始した新型ステップワゴンの特徴は、ダウンサイジングVTECターボやテールゲートに内蔵された「わくわくゲート」だけではありません。

ホンダが展開している先進安全技術である『ホンダセンシング』がオプション設定されていることも見逃せません。

4150423-stepwgn_076H

フロントグリル部分に置かれたミリ波レーダーとフロントウインドウ内側に配されたカメラによって前方を監視するというのは、すでに『ホンダセンシング』を採用している各モデルと共通の内容。

衝突被害軽減ブレーキは単に前方車両を認識するだけでなく、歩行者も認識できるといいますし、さらに対向車とのオフセット衝突も防ぐ機能も備えています。 

まさに、小型車サイズのミニバンとしては最高峰といえる先進安全技術を搭載しているステップワゴン。そのライバルは『ワクワクする テクノロジー(略称:ワクテク)』を推し進める日産セレナといえそうです。

果たして、ステップワゴンとセレナ。その先進安全技術はどう違うのでしょうか。