スバル・レヴォーグに「死角の見える化」を図った「アドバンスドセイフティパッケージ」を設定

B型レヴォーグにメーカーオプションとして設定される先進安全装備の「アドバンスドセイフティパッケージ」は、スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)、サイドビューモニター、ハイビームアシスト、アイサイトアシストモニターの4つの機能をパッケージ。

20150324SubaruAllLineup_35420150324SubaruAllLineup_285

「スバルリヤビークルディテクション(後側方警戒支援機能)」は、輸入車などではお馴染みの機能で、ボンネットに埋め込まれたレーダーが自車斜め後方の車両を検知し、ドアミラーのLEDランプが点灯、もしくは点滅させることでドライバーに注意を促します。

20150324SubaruAllLineup_294

さらに、前向き駐車した際などの後退時に、左右から接近してくる車両をレーダーで検知し、衝突の危険性があると車両が判断すると、LEDランプの点滅と警報音で警告。

subaru_0220150324SubaruAllLineup_300

「サイドビューモニター」は、助手席側のドアミラーにカメラを搭載し、左前の映像をマルチファンクションディスプレイに表示するもので、こちらは国産車でもお馴染みですが、視認性は高く、左側の縁石ギリギリまで寄せる際などに重宝しそう。

輸入車や国産車の高級車に採用が進んでいる「ハイビームアシスト」は、ルームミラー一体型の単眼カメラを新たに搭載することで、先行車や対向車を検知するとハイビームとロービームを自動で切り替える機能。自動防眩インナーミラーもセットで用意されています。

20150324SubaruAllLineup_278

「アイサイトアシストモニター」は、同機能の作動状況や警報に応じて点灯するランプを、運転席前のフロントウインドウに表示するもので、アイサイトの機能を確認する際も視線移動を抑えることが可能。

20150324SubaruAllLineup_323

B型レヴォーグに設定された「アドバンスドセイフティパッケージ」の価格は7万円ですが、3万円の「ウェルカムランプ」とセットになるため、実質10万円になります。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。