F1女子大興奮! 鈴鹿サーキットのSound of ENGINE 2015に幻のマシン登場!!

3月上旬に鈴鹿サーキットで行われた「ファン感謝祭」。大盛況に終わった鈴鹿サーキットが、2015年5月23日(土)・24日(日)に新イベントを開催します。

その名も・・・SUZUKA Sound of ENGINE 2015」 

SUZUKA Sound of ENGINE 2015

いきなりですが、とくに見逃せないのが、アイルトン・セナがF1デビューイヤーマシンであるトールマンTG184。これを目の前で見るのは、最初で最後のチャンスかも知れません。残念ながら写真はありませんので、ぜひ鈴鹿でその目で確かめてください!

ミハエル・シューマッハとともに日本グランプリを駆け抜けたベネトンB193も外せません。

1993年ベネトンB193

また、バイクでは、1989年のWGP(ロードレース世界選手権)日本グランプリで優勝を飾ったケビン・シュワンツのPEPSI・SUZUKI RGV-γが見逃せないところ。

1989年RGV-γ500シュワンツ

なにやら日本初公開や、F1日本グランプリ以来の日本での走行といった、世界中の歴史的名車が鈴鹿に大集合するイベントです!

どのようなイベントなのか気になりますよね。さらに見所を紹介したいと思います! 

■「SUZUKA Sound of ENGINE 2015」とは・・・?

日本国内のみならず、海外からも歴史的価値が高く、印象に強く残っている自動車・バイクが集合します。

日本の自動車・バイク、そしてモータースポーツの歴史を振り返る新しいスタイルのヒストリックイベント。夢のような二日間になること間違いなしです!

■SUZUKA Attack Lap&High Speed

車両形態別・年代別のクラス分けを行い、鈴鹿サーキットのタイムアタックとバックストレートの最高速度測定を行います。

17015

トヨタ初のル・マン参加車TOM’S 85C-L、95年~97年ル・マン参戦車SARD MC8R。

F1マシンでは、81年AlfaRomeo179C、89年日本GP優勝車Benetton B189、86年Tyrrell015、90年Tyrrell019が出走予定です。

また、1972年以前のヤマハ・ホンダ・カワサキ・スズキ・ブリジストンのバイクも走ります。

タイムアタック、速度測定となるとデモランとは違い全力の走りになります。どこまでタイム・速度がでるのか、とても興味深いですよね。今の車両とのスピードの違いも気になります!

この記事の著者

yuri

yuri 近影
2006年のF1日本GPを観に行ってから、どっぷりF1&ジェンソン・バトンにはまってしまったF1女子。F1が大好きですが、クルマの運転は下手(小林編集長お墨付き)、メカニズムも苦手、だけどドライバーの知識と愛だけは自信あり! もっと気軽にF1を楽しんでもらいたい、好きになってもらいたいという気持ちで執筆活動をしています。趣味はバトンの追っかけと、F1海外観戦。現在は新米ママとして子育てに奮闘しながら、のんびり記事を更新中。あたたかーい目で見守っていただけると嬉しいです。