4月以降の新エコカー減税制度対応でトヨタがHV・PHVを増強!

クルマの税金には購入時にかかる「自動車取得税」と、車検時に都度かかる「自動車重量税」、そしてクルマを所有すると毎年課せられる「自動車税」などが有ります。

この自動車取得税と自動車重量税の負担を軽くするのがご存知、「エコカー減税制度」ですが、今年の1月14日に閣議決定された2015年度税制改正大綱で「エコカー減税制度」が見直されることになりました。

NISSAN※1. 初回車検時の重量税も免税
※2. 平成32年度燃費基準を達成している場合は60%
※3. 平成32年度燃費基準を達成している場合は50%
(出展 日産自動車)

これに伴い4月1日以降に車を購入した場合、増税となるケースが出て来るようです。 

「エコカー減税制度」により、HVなどのエコカーへの乗り換えが進んだことから、政府が税収維持を目的に減税基準のしきい値を上げることにしたようで、これに伴い減税対象外となったり、減税額が目減りするクルマが多々発生する結果に。

今回の見直しではエコカー減税制度を2017年3月末(自動車重量税のエコカー減税適用は2017年4月末)まで延長すると共に、減税の適用基準に「2020年度燃費基準」が採用されています。