ヤマハが新たな三輪モデルのコンセプトモデルをバンコク国際モーターショーに出展

今回出展された「03GEN」は、同社のデザインフィロソフィーである「Refined Dynamism(洗練された躍動美)」に基づくコンセプトモデル第3弾で、「03GEN-f」と「03GEN-x」の2モデルが用意されています。

03_03GEN-f_3「03GEN-f」は「フューチャーレーシング」をテーマに掲げ、LMW(リーニングマルチホイール)構造を際立たせた未来感とヤマハレーシングイメージを視覚的に表現。

08_03GEN-x_4

一方の「03GEN-x」は、「クロス」がテーマで、三輪むき出しの先進的な骨格と、未舗装路時代を彷彿とさせる伝統的なオフロードテイストを掛け合わせたデザインとしています。

19_03GEN-X_image_6

2台ともに「TRICITY」をベースにしつつ、CMF(色・素材・加工)を含むデザイン提案により、テイストが大きく異なるモデルに仕上げられていて、デザインの可能性を示したコンセプトモデルになっています。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。