ヤマハが新たな三輪モデルのコンセプトモデルをバンコク国際モーターショーに出展

すでに三輪のTRICITY(トリシティ)を市場投入しているヤマハ。前二輪、後一輪の「03GEN」がバンコク国際モーターショーに出展されました。

11_03GEN-f_image_3

一部で四輪事業への参入が報道されているヤマハですが、世界2位の二輪事業だけでなく、三輪も四輪も加えた陣容で、これからのシティコミュータ市場にヤマハが攻勢をかけるとなると、既存の自動車メーカーとの競争はもちろん、協業などもあるか気になるところ。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。