専用設計装備を満載した新型「パサート オールトラック」をジュネーブモーターショーで披露

8代目の新型パサートがベースではありますが、同シリーズでも独立した存在という位置付けで、一新されたバンパーやステンレス調のアンダープロテクション、マットクロームのドアミラーハウジングなどを多くのパーツが専用設計になっています。

Der neue Volkswagen Passat Alltrack

ほかにも、ラジエータグリルとテールゲートに配置されたオールトラック専用オーナメント、アルマイト加工が施されたシルバーのルーフレール、17インチの専用アルミホイー(18インチ、19インチはオプション)、アンスラサイト(黒系色)の頑丈なホイールアーチモールとサイドシルモール、つや消しのアルミ調アンダープロテクションを備えたサイドシルエクステンションとフロントフェンダー上の「Alltrack」ロゴなどを装備。

エンジンは、2種類のTSIと3種類のTDIを設定し、「Euro 6」排ガス基準をクリア。TSIは110kW(150ps)版と162kW(220ps)があり、150ps仕様と3種類のTDIには6MTを用意し、そ れ以外の3種類のエンジンにはDSGが組み合わされます。