イギリスでホンダCR-Vに世界初のクルーズコントロール「i-ACC」を装備

1.6リッター160馬力のクリーンディーゼルに9速ATを組み合わせるという、ホンダCR-Vの欧州仕様。その2015年モデルに画期的な世界初の先進安全技術が搭載されることが発表されています。

その技術とは『i-ACC(インテリジェントアダプティブクルーズコントロール)』です。 

2015CR-V_UK2

衝突被害軽減ブレーキであるCMBS や車線維持をサポートするLKASなど、日本でも「ホンダ センシング」として展開している先進安全技術を搭載、低速域での衝突被害軽減ブレーキは標準装備するという2015年モデルのCR-Vに搭載される「i-ACC」とは、どのような技術なのでしょうか。