フォード「新型マスタング」画像ギャラリー・インテリア編 ─ インテリアは最新技術とクラフトマンシップを融合

新型マスタングの運転席に乗り込むと、40mm広くなった全幅により、横方向の広さは先代以上にゆとりを感じさせる一方で、35mm低くなった全高により、とくに後席の頭上まわりはタイト。

FORD_MUSTANG_02

身長171cmの私が座ると頭が完全にリヤウインドウにあたり、屈む必要があります(足元は意外に広いですから身長150cmくらいまでなら短時間用として使える広さではありますが)。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事