新型トヨタ・プリウスαの世界初「Bi-Beam(バイビーム)LEDヘッドランプ」とは?

トヨタのハイブリッドでは3人乗りにリチウムイオンバッテリーを初搭載したプリウスαは、2列シートの5人乗り(ニッケル水素バッテリー)と3列シートの7人乗りを設定し、ミニバンよりも低めの全高とヒンジ式(スイング式)ドアによるステーションワゴン的なモデルです。

TOYOTA_PRIUS_α_01

今回のマイナーチェンジでは、まず大きく変わったフロントマスクが目を惹きます。「開口部を強調したダークグレーメタリックのアンダーグリルとLEDクリアランスランプが、個性的かつ精悍な顔つきを演出している」とのこと、SAIやカムリのようにフェイスリフトでスポーティイメージを高めるのが狙いでしょう。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。