ダイハツの軽自動車作りのノウハウが活かされた「アジア」はマレーシアの「新型国民車」

現地の合弁先であるプロドゥアと手を組み、軽自動車をベースとした小型車を投入することで、マレーシアでの存在感を高めているダイハツ。今度の新モデルはその名も「アジア」! しかも「新型国民車」を名乗っています。

DAIHATSU_axia_01マレーシア政府が公表しているエコカー政策の「EEV(Energy Efficient Vehicle)」に対応する同国初のモデルとのことで、競争の激しいアジア間など国際競争の激化により推進している構造改革の成果を織り込んだ、第一弾。