ホンダが「N-WGN(エヌ ワゴン)」先行公開! ライバルはワゴンR、ムーヴ、デイズ、eKワゴンか?

「N BOX」、「N BOX +」、「N ONE」のNシリーズに続く、第4弾の「N-WGN(エヌ ワゴン)」はすでにティーザーサイトが用意されていましたが、東京モーターショーでの発表に先駆けてホームページで内・外装が公開されました。

honda_n-wgn01

「N BOX」で好調な出だしを切ったホンダの新しい軽自動車。3モデルに共通しているのは、それぞれの特徴を徹底的に磨き上げている点にあります。

「N BOX」は後席を中心とした広い室内とかなりの積載性、「N BOX+」は福祉車両としても使える広大な荷室と脱着可能なボードと斜めにしたフロアで、自転車やオートバイなども積載しやすいなど、従来にない新しい発想のラゲッジが特徴。

「N ONE」は、まずはクラシカルなエクステリアが目を惹きますが、とくにターボ車は現在の軽自動車の中でもかなり爽快でスポーティな走りを楽しめます。

honda_n-wgn02

第4弾の「N-WGN」は、「デザイン、安全性、快適性、走りなどに同社がスモールカーで培ってきた知恵や経験、技術を注ぎ込んだハイトワゴンタイプの軽乗用車」とのことで、欲張りな感もありますが、ワゴンRやムーヴ、そして日産デイズ、eKワゴンなどの強力なライバルが控えていますから、ハイトワゴンでも30km/Lの攻防になりつつある燃費競争も含めて、どんな性能を出してくるのか興味が尽きません。

■先行ホームページ「N-WGN(エヌ ワゴン)」

http://www.honda.co.jp/N-WGN/new/

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。