米とTPP自動車平行交渉が進まないワケは?

7月16日から18日にかけて自動車貿易及び非関税措置に関する米国との事務レベル協議がワシントンで開催されました。  

Washington_DC

協議は外務省の森経済外交担当大使とカトラー米通商代表部(USTR)次席代表代行との間で行われましたが、米側は依然として日本の安全基準が厳し過ぎるため、米国車輸出の妨げになっているとして規制緩和を要求。 

一方、茂木経産相は18日、オーストラリアのシドニーで開催されたG20貿易相会合に出席、米通商代表部(USTR)のフロマン代表と会談。 

こちらでもTPP早期妥結を目指して日米で連携していく事を確認したのみで、日米間の自動車交渉に於ける新たな進展は無かった模様。  

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。