クラウンにトヨタ史上初のフルタイム4WDハイブリッドを追加

クラウン(マジェスタ、ロイヤル、アスリートの各シリーズ)に、トヨタ車として初のハイブリッドフルタイム4WDが追加されました。

crwnhybridawd1407_06_S

このハイブリッドフルタイム4WDシステムは、2.5リッター4気筒エンジンにトルセンLSD付きトランスファーと新開発のハイブリッド用トランスミッションを組み合わせたシステムとなっています。

とはいえ、これまでもトヨタのハイブリッドカーに4WDは設定されていました。現行モデルでもエスティマやヴェルファイア、アルファードといったミニバン系のハイブリッドでは「E-Four」と呼ばれるリヤに駆動モーターを持つ機構となっています。

しかし、そうしたフロントと独立したリヤモーターを持つハイブリッドは、加速時やスリッピーな路面ではリヤモーターが駆動するものの、通常走行時にはフロントのエンジン・モーターを最適に使い分ける動作の、パートタイム4WDといえます。

ですから、LSD付きのトランスファーを持つクラウンのシステムは「トヨタ車として初のハイブリッドフルタイム4WD」といえるのです。その前後トルク配分比は前40:後60をベースに、50:50~30:70までの可変式となっています。

nt11_033_02_L

なお、トヨタ車としてはハイブリッドフルタイム4WDは初めてになりますが、トヨタの製造するモデルとしてはレクサスLS600hが、すでにトランスファーによりフロントに駆動を伝えるハイブリッドフルタイム4WDとして存在しています。


この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事