ハンドルもブレーキもない米Google自律走行車の普及に向けた課題とは?

既報のとおりGoogleが5月27日、Lexus RX450hを改造した自律走行車の街中試乗会に続いて、ハンドルやペダルが無いプロトタイプモデルの試乗会を開催。 

Google

愛嬌いっぱいのコンパクトなボディにお馴染みの回転型3Dレーザーセンサーを設置、インテリアは2座のシートやスタート&非常停止ボタン、目的地や走行ルートを表示するタッチスクリーンのみというシンプルさ。

 GoogleGoogle

今夏までに100台の試作車を造る計画だそうで、今回の試乗車では安全の観点からか最高速度が約40km/hに抑えられています。 

Googleは試乗会でのお年寄りや子供達の楽しそうな表情が印象的な動画を公開。 

GoogleGoogle

以前にも触れたとおり、そもそもGoogle社のセバスチャン・スラン氏が自動運転技術の開発に取組む事になったのは同氏が18歳の時に親友を交通事故で失ったことに始まっています。 

従ってGoogleが目指しているのはあらゆる状況にも100%の正確さで対処可能な自律走行車であり、交通事故全体の93%を占めている人間の判断ミスを排除して交通事故をゼロにする事が最終目標。 

今回のプロトタイプモデルがそれまでと違ってハンドルやアクセル、ブレーキが一切無いのも、そうした思いを具現化して世界にアピールするためと思われます。 

同社がここまでの技術をモノにするには並々ならぬ困難が伴ったようですが、約112万kmを無事故で走破した現在でも、まだ技術的には道半ばで、実用化に漕ぎ着けるのは6年後の2020年としています。 

信号が無い交差点での微妙な譲り合いのタイミングなど、一般ドライバーとのコミュニケーションの難しさなどが背景に有るようです。 

Google

そして何よりも大きな障壁となるのが、故障などで事故が発生した際の責任問題。 

例え100%完璧な「自律走行」が可能になっても、車両の日常メンテナンス不備や以前にご紹介した「ハッキング」による事故の可能性など、課題は尽きません。 

従って現実的には「手動運転」との併用でスタートするなど、「自動運転」のレベルに段階を設ける事になりそうな気がしますが、運転が困難な高齢者等にとって優しい技術である事は間違い有りません。 

Google

Googleの試験走行を許可しているカリフォルニア州では車両管理局が来年の1月1日までに公道での安全走行実現に向けて必要な規制案を作っている模様。 

自動運転車の普及は同州での実績をベースにしながら次第に世界中に広がって行く事になるのかもしれません。 

〔関連記事〕
Googleがハンドルのない自動運転車を公開【動画】
https://clicccar.com/2014/06/03/257510/ 

Google「自動運転車」本格実用化を2020年と予想!
https://clicccar.com/2014/05/24/256095/ 

自動運転が前提ならクルマのコンセプトも変わる!
https://clicccar.com/2013/12/21/240591/ 

経済効果43兆円! 自律走行車普及で事故90%減による米試算
https://clicccar.com/2013/11/06/235039/ 

自動運転技術の要「自律走行車」にはハッキング対策が必須!
https://clicccar.com/2013/09/30/231958/

 (Avanti Yasunori) 

【画像をご覧になりたい方はこちら】 https://clicccar.com/2014/06/06/258374/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事